2016年03月22日

党と国家の指導者について

 「党と国家の指導者」とは一体なんなのでしょうか。説明するのには構成する人のポストについて説明する必要があって面倒な反面で、このくくりを使う場面がないからなのか、日本のメディアでは見たことないですね。

 ざっくり言えば政治局委員級以上の人たちを指すのですが、政治局委員が兼任するポストの全てが「党と国家の指導者」に当てはまるわけではありません。

 2005年4月に採択された公務員法では、公務員を10クラスに分け、最上位の2つである「正国級」(政治局常務委員相当)と「副国級」(政治局委員相当)の総称が党と国家の指導者になります。公務員法ですが共産党員や衛星党の党員も含まれます。

 共産党だと総書記、中央政治局常務委員、中央政治局委員、中央書記処書記、中央軍事委員会主席、副主席、中央紀律検査委員会書記が、国家機関だと国家主席、副主席、全国人大常務委員会委員長、副委員長、国務院総理、副総理、国務委員、全国政協主席、副主席、最高人民法院院長、最高人民検察院検察長が「党と国家の指導者」となります。兼任で重複しているのを除くと、現在68人です。

 この中でも当然序列はあって、中央書記処書記は政協副主席より格上ですから、令計画は降格。周小川やは中央委員から外れてヒラ党員にはなりましたが、「党と国家の指導者」というポストを兼任することで、人民銀行総裁や中央対外聯絡部長を務める担保としています。習近平政権になって初の試みじゃないでしょうかね。

 最近は名簿が出なくなりましたが、お葬式や旧正月恒例となっている総書記らが行う古参党員への慰問で名前が出ていたのも「党と国家の指導者」でした。中央軍事委のヒラ委員もこのタイミングで紹介されますが、もちろん「党と国家の指導者」の後になります。

 日本なら次官までは公務員で、政務官、副大臣、大臣はごく稀なケースを除いて選挙で選ばれた議員が担当しますから、彼らは公務員にはなりません。一方、中国は選挙で選ばれるわけではなく、中央政府の仕事をするからには国家主席とはいえ公務員です。

 以前、「降級についてのまとめ」で紹介したように、副部級、つまり副大臣級以上と正司庁級(局長級)以下では待遇に大きな開きがあります。副部級以上を高級幹部と呼ぶように、閣僚はやはり別格なのです。

 だがちょっと待ってほしい。正部級(正大臣級)以上についての規定がありません。正部級の上には副国級と正国級があるのですが、彼らの待遇については記載がありません。

中央、国家機関の出張時宿泊費の標準、来年1月1日から調整(人民網 2015/10/20)

2016032201.jpg
※別格というか雲上人というか

 別のソースを見てみましょう。国内出張時の出張費について通達が出ていますが、ここにも正国級と副国級に対しての記載はありません。彼らは公務員であっても公務員ではないのかもしれません。

 いつも私が書いていることですが、王毅の肩書きは外交部長(外相)で日本なら岸田外相、米国ならケリー国務長官がカウンターパートになります。しかし、国務院内には楊潔チという前外相が外交担当の国務委員として存在しています。当然王毅は彼の部下になります。

 王毅だけでなく、閣僚はいわゆる閣議に相当する国務院常務会議には参加できません。できるのは総理、副総理、国務委員と秘書長の10名前後です。秘書長は国務委員が兼任する規定なので、参加者は全員が「党と国家の指導者」になります。

 実際に政策を決めるのは別のところにしても、この扱いからすると中国の閣僚は実際には次官以下の実務者と見るのが妥当でしょう。

 余談はさておき、「党と国家の指導者」がどういったものか、おわかりになったでしょうか。

==参考消息==
http://news.xinhuanet.com/ziliao/2004-06/22/content_1540150.htm
http://www.thepaper.cn/newsDetail_forward_1270347
タグ:政治局委員
posted by aquarelliste at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 消息 | 更新情報をチェックする