2016年06月29日

党大会直前恒例の大物失脚法則発動か

 党大会前に政治局委員からいけにえが一人差し出される法則にのっとれば今年あたりそろそろなのですが、李源潮がそのいけにえなのかもしれません。

 李は前期の第17期を中央組織部長という党の人事、現在は反腐敗運動にも一枚噛んでいる重要ポストの長を務めていました。

 曽慶紅、賀国強と、組織部長経験者は二期連続で常務委員会入りをしており、政治局委員のままなんの兼任もなく国家副主席だけをもらって足踏みする結果になるとは予想外でした。

 閑職への送られっぷりは令計画と双璧です。令は中央弁公庁、中央書記処から外されて党直属とはいえ格下の統一戦線部長に、李は国家副主席というそれだけでは何の力も持たない職務に追いやられています。

 中国の国家主席はPresidentという大層な対訳は付いているものの、その職務は勲章の授与や大使の派遣など儀礼的なものに限られています。その国家主席を助け、不在時に代理となるのが副主席ですが、VPと名乗りたい人以外は単独で受けるような大層なものではありません。

 さて、李が江蘇省から連れてきたという秘書が連行され、釈明のために李自身も中央紀律検査委に出向いているとのこと。また、李の妻と運転手も連行されているという話です。


※中紀委があるという平安里西大街41号

 秘書、運転手から取り調べを受けるのは失脚させたい対象が必ず通らされる道で、李もめでたく第一段階を無事通過したわけですが、嫁さんもお声がかかるとなると、これは汚職の疑いも上がっていそうです。家族ぐるみで何かやってましたと考えられますからね。

 李の秘書は趙姓、もしくは張姓とはっきりしませんが、2006年の江蘇省トップ時代に米国を訪問した際、省委弁副主任として趙学為の名前がありますので、おそらくこの人でしょう。

 李は中央入りするまで江蘇省のトップだったのですが、当時の秘書で、失脚当時は副省長だった李雲峰が中央紀律委に引っ張られて1ヶ月経たない内の出来事です。

 李の友人の話として、拘束されたのは趙ではなく別の秘書であり、妻も連行されていないと反論が伝えられています。友人の話が本当であれば秘書が連れて行かれたのは事実となりますし、こういう噂が立つ人は大体失脚しています。

 李が頼みとする腹心が6人いるそうで、羅志軍(江蘇省委書記)、仇和(雲南省委副書記)、王a(前遼寧省委書記)、趙少麟(元江蘇省委秘書長)、王栄(広東省政協主席)と李雲麟らしいのです。

 王栄以外の5人はすでに失脚しており、王栄も閑職の政協主席送りとすべて一掃されております。外堀から埋めるのは周永康もやられた手法ですね。

 今日は3つの省で省トップが入れ替わっており、人事の季節を感じさせる次第です。李源潮はキューバの特使と笑顔で会見していましたが、これが続くかどうかは今のところわからないのです。

==参考消息==
http://cn.rfi.fr/中国/20160628-传国家副主席李源潮的一位秘书涉案被调查
http://hk.apple.nextmedia.com/realtime/china/20160629/55291372
http://www.nycba.us/ch/processActivity.php?aID=83
タグ:李源潮
posted by aquarelliste at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 消息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする