2016年07月09日

視察の写真撮るのもうやめたらどうですか

 中国中南部の10の省で大雨が続き、長江などの氾濫で各地で洪水が発生しています。今週末には台風1号も襲来し、弱り目に祟り目の中国。

 その水害の状況を確認にやってきた官僚を捉えた写真が話題になっています。


※嫌な記憶しかない玄武区の地図

2016070801.png
※無理して見に来なくても良かったのでは

 ゴムボートに乗ってこちらを指差しているのは、南京市の中心地にあり、南京駅のある玄武区の蘇鄭・副区長。人肉捜索であっさりと特定されてしまいました。

 右側の同乗者に自分を撮影させているように見えるこの写真が微博で出回り、「災害時にまたパフォーマンスか」と盛り上がってしまったため、同区の公安分局が声明を出す事態になりました。

 声明によると、水深1メートル以上にも達している上、水流がきつく危険なため公安が支えていた。もちろん市民の避難でも同じように公安が付き添った。同乗者は被害現場の街道書記で、蘇ではなく画面左側の状況を撮影していると弁明。南京市宣伝部も「完全な誤解だ」「角度の問題だろう」と援護射撃しています。

 これまで数多くのフォトショ視察が世に出回ってしまったため、少しでもおかしいところがあると叩くのはしかたないと結論づけているメディアもあり、濡れ衣を着せたネットへの対応に優しさを感じます。事実ではないと一刀両断にせず、誤解ですと言うときは大体やましいところがあると見ています。

 宣伝部も誤解を生むような写真を配信するのは良くないですよね。新華社あたりだと構図は最高なんですが、地方はそこまでの時間的、金銭的余裕がないのでしょう。

 玄武区によると、蘇は病み上がりだが連日一線で指揮を取ったと説明。新華社が紹介するネットの声には称賛の声であふれています。ただし、彼女は体調不良を訴え、再度入院措置となりました。


==参考消息==
http://www.weibo.com/2834778230/DDJDSxjWN?from=page_1001062834778230_profile&wvr=6&mod=weibotime&type=comment#_rnd1467984762661
http://www.thepaper.cn/newsDetail_forward_1495058
http://www.thepaper.cn/newsDetail_forward_1495064
http://www.thepaper.cn/newsDetail_forward_1495066
http://news.xinhuanet.com/local/2016-07/08/c_129126835.htm
http://news.cyol.com/content/2016-07/08/content_13045843.htm
posted by aquarelliste at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 消息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする