2016年08月26日

遼寧省委改選に絡み閣僚級が続々失脚

 今年2月から4月にかけて、中央巡視組が32の党、政府機関の指導部である、党組織に対して行った第9回目の巡視結果が一部公表されました。26日までに22部門の巡視結果が報告されています。

 その中でも、2度目となる巡視期間中、前書記の王珉、王陽(省人大常務委副主任)、蘇宏章(省政法委書記)ら、閣僚級のいわゆる大虎3人が失脚した遼寧省の調査報告が2万字超と目を引きます。他を大きく突き離す分量が割かれています。

 上述の3人はいずれもすでに党籍を剥奪されており、紀律違反の内容が公表されていますが、3人に共通しているのが「投票買収」です。

 王珉は、「省委書記として(中略)党中央の要求通りに改選工作の第一責任者の職責を履行せず、省の関連する選挙における投票買収に対する、主要な指導と直接的な責任がある」と断罪されています。

 党大会を来年に控え、地方の省クラス以下でも指導部である党委員会の入れ替えが進んでいるのですが、前回2013年に行われた選挙で買収があったにもかかわらず見逃していたことが、罪状のトップに来ているわけです。

 汚職などであれば長期にわたることが多く、「何年から何年の、なになにという職にある期間中」とざっくりとした説明になるのですが、王珉らに関しては遼寧省時代のことであると明言されているんですね。

 他の2人の罪状も投票買収がトップに来ています。26日には鄭玉焯・省人大副主任が同じく投票買収容疑を固められて党籍剥奪処分を受けています。遼寧省は今回の改選関連で合計閣僚級4人の首が飛んでいることになります。

 

 党中央は影響力の及ばない連中同士で派閥を組まれるのを極端に嫌い、同窓会などの私的な集いも禁止しているのですが、今回遼寧省での動きは目に余る動きだったのでしょう。

 2014年に山西省委の過半数が失脚した際、その後任は全員外部から招聘されていました。遼寧も李希(書記)、李文章(政法委書記)は外部の人間でした。省委に長年いた4人の影響力を考え、下からの抜擢は避けていると見られます。

==参考消息==
http://news.ifeng.com/a/20160825/49838542_0.shtml
http://www.ccdi.gov.cn/xwtt/201608/t20160810_85213.html
http://www.ccdi.gov.cn/jlsc/zggb/djcf_zggb/201607/t20160704_82025.html
http://www.ccdi.gov.cn/yw/201607/t20160725_84113.html
http://www.ccdi.gov.cn/yw/201608/t20160826_85872.html
posted by aquarelliste at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 消息 | 更新情報をチェックする