2016年10月14日

責任者の後任が責任者の会社

 国慶節明けの9日。山東省海陽市にある英才実験学校に子供を通わせる父兄が、学内の食堂に豚用や鶏用の飼料が積まれているのを発見。これらを給食に出していたのではと、微信で父兄間に一気に広めたというのが2016年を感じます。

 同校は幼稚園、小、中学校の一貫教育を行う私立の学校。百度百科に「高水準の食堂、寄宿舎がある」と書かれているのは皮肉でしょうか。

 9日午後から父兄が学校前に集まり、学校側にさらなる真相究明を求めたところ、学校側はリンパ肉と呼ばれる豚の首周りに付いている部位の肉、トマト、卵についてそれぞれ「検査証書がある」「トマトの一部が腐っていた」「茶葉蛋(茶葉などと一緒にゆでた卵)である」と説明。学校はあくまでも生徒たちの健康に気を配っているとの主張です。

 家畜の餌を何に使うつもりだったのかとの疑問はグランドスルーされ、納得できない父兄らは海陽市の上級である煙台市に直訴。国慶節の連休が終わった8日から14日まで七勤の真っ最中なのに、日曜日の午後から出張するとはとなかなか本気度がうかがえます。

 翌日の10日午後。海陽市宣伝部は、市が専門の調査チームを組織し、学校に入っている食材の抜き取り調査を行うと発表しました。

 一方で、「学校の食堂で食事をした学生が健康被害を受けたと確認できていないが」と、余計な一言を挟み込むのは忘れていません。「デマを信じるな」というのは、微信で出回っている「校長の妹が食堂をやっている」「残飯を食わせている」というやつでしょう。

 12日、新華社は海陽市はこの問題を徹底的に調査すると題した記事を配信。その中で「ウチの子は胃腸が悪いんだけど、最近はずっと良い。大した問題じゃないだろ」と、謎の安全宣言を口にする父兄を紹介していますが、そういう問題ではないんですけどね。

 なんのために呼んできたのか、事件発覚後に解任された食堂の責任者だった於春林さんに、「あれ学校で飼ってる鶏の餌だから」などと、全く説得力が無い安全宣言をさせています。

 於春林さんの解任後、市の教育局が学校の日常業務を担当することになり、実際の業務は海陽連理島旅遊資源開發有限公司が一時的に食堂運営を行っているのですが、同社の総経理も於春林さん。地獄絵図が展開されております。校長の妹というのもあながちデマではないかもしれませんね。

==参考消息==
http://news.xinhuanet.com/food/2016-10/11/c_1119690682.htm
http://weibo.com/5112615282/EcclNsu8l?type=comment
http://www.thepaper.cn/newsDetail_forward_1541496
http://news.xinhuanet.com/politics/2016-10/12/c_1119702193.htm
http://www.thepaper.cn/newsDetail_forward_1542253
http://lushang.sdnews.com.cn/scxf/hdtj/201606/t20160630_2102326.html
posted by aquarelliste at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 消息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする