2017年01月05日

張鉄生が富豪になっていた

 張鉄生と言われてもピンとこない方もいらっしゃるでしょうから、サクッと紹介しておきます。

 1968年に白塔人民公社棗山大隊に下放された張は、1973年3月に労農兵学生として再開された全国普通高等学校招生入学考試(高考)を受験したものの、物理・化学が全く解けなかった(6点)。張は「公社での本業である農業生産に力を注ぐ余り、学業が疎かになった、試験内容が知識に偏重し、試験そのものが労働者大衆に門戸を閉ざしている」と答案用紙の裏に書きしたためた。

 四人組に近い立場で当時遼寧省党委員会書記だった毛沢東の甥・毛遠新は、この文章を周恩来と彼の教育思想を攻撃する砲弾として利用するべく、「深く考えさせられる答案」として遼寧日報、続いて人民日報に掲載させ、張は一躍反潮流の英雄となった。彼は大学に入学できただけでなく、1974年には全国人民代表大会常務委員となった。この後、テストの不出来を彼に倣って開き直る事件が多発した。また、高考は再び中止となり、1977年にようやくケ小平の後押しで再び始まった。

 1976年、後ろ盾であった四人組が逮捕されると、シンパとみなされ政治権利剥奪3年、禁固15年の刑に処せられた。
 Wikipedia丸写しですが、最後の一行以外、書いたのはほとんど私だからいいでしょう。個人的には「物理・化学が全く解けなかった(6点)」の件がそのまま残っていて感慨深いものがあります。

 張鉄生は刑期満了後の1991年に、瀋陽農業大学の講師だった女性と結婚。その後、仕事が見つからず女性の教え子だった金衛東(現・禾豊牧業董事長)が深センで経営していた牧畜用飼料販売の東北地区の経理にしてもらいます。

 1993年には、金ら4人で瀋陽天地飼料廠を立ち上げ。1998年に同じく金衛東傘下の禾豊牧業と合併。この時点で張は同社の株式約10%を手にしました。

 2014年8月に同社が上海証券場上場。現在5.82%、4836万株を所有する張さんの資産は

4836万X13.2人民元/株=約6.38億人民元(約107億円)
 という富農野郎へと、華麗に変身しておりました。

 2008年以降は名誉職に退き、今では「1年に1度見かけるか」(禾豊牧業職員)の身分となった張さん。わざわざ嫁いできた嫁は、張さんの出所後に突然現れたわけではなく張の同級生でしたが、教え子に手を回して仕事をあっせんさせるなど只者ではないような気がします。

==参考消息==
http://mp.weixin.qq.com/s/WNw8gNu0JcKW0OE2fPSSIA
http://www.csrc.gov.cn/pub/zjhpublic/G00306202/201205/t20120517_210254.htm
http://www.csrc.gov.cn/pub/zjhpublic/G00306202/201205/P020120517639812658996.pdf
http://epaper.xkb.com.cn/view/785184
http://finance.sina.com.cn/stock/newstock/zxdt/20120522/090512117234.shtml
タグ:文化大革命
posted by aquarelliste at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 消息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

石家庄市は「鋭い刃で汚染を斬る」でどうなったか

 9月以来、我が市には連続して重汚染が現れている。全国74カ所の重点都市ランクでも後退し、年間を通したPM2.5の10%削減目標は非常に厳しい。
 といった書き出しで、河北省の省都・石家庄市が昨年11月17日に始めた「利剣斬汚」(鋭い刃で汚染を斬る)行動。AQIが500を超える日をゼロにするため、以下のような内容を打ち出しています。

 鉄鋼、セメント、ガラスなどを生産する工場の操業を年内停止、製薬、化学工業、印刷、家具などの工場は原則として操業を年内停止。
 農業、畜産業で使用する石炭火力発電所は使用禁止。
 政府が未許可の建物取り壊し、道路工事やセメントの撹拌、スプレー塗装、溶接など粉塵や有毒な気体が発生する作業は禁止。
 ディーゼルオイルを使う機械の使用禁止。
 市中心部での建設ゴミ運搬車両の通行禁止。
 露天掘り、石材加工も禁止。ナンバー規制を行う代わりに市内のバスは無料。
 操業の制限、あるいは停止を受けた企業は市の職員2人が常駐して監視、ゴミや樹木などの焼却は禁止。
 「鋭い刃で汚染を斬る」は遅くとも2014年から河北省の一部都市で展開されていたのですが、石家庄市が今回展開したものが最高に厳しいとの呼び声も高く、摘発部隊となる公安の環境安全保衛支隊も休日を返上して巡回。これだけやれば目標も達成できるのだろうと年明けの報告を待っていました。

 そうしたら、「汚染物質ピークの濃度が最大限度低下」、「大気汚染日数の減少」ができましたと成果を強調しつつ、この成果を確実なものとするため、3月中旬まで同じようなことを続ける宣言ですよ。市が17ヶ所にばら撒いた監督チームも、引き続き大気観測を続けるそうです。旧正月とかどうするんでしょう。

 おそらく石家庄市の集中暖房供給が3月15日までなので、そこを乗り切ればという目算なのでしょう。そもそも「鋭い刃で汚染を斬る」運動が始まった11月17日も、集中暖房供給が開始された2日後ですし。

 なお、道路掃除のおばちゃんは「ホコリは1立方メートルあたり5グラムを超えてはならない」なる、中国が大好きな謎規定を達成するため、清掃用のほうきを小さくして対応。おかげで出勤時間が1時間早くなったそうです。よかったですね。

==参考消息==
http://www.sjz.gov.cn/col/1274410601973/2016/11/17/1479390992125.html
http://www.sjz.gov.cn/col/1451896947837/2016/12/26/1482737357467.html
http://www.sjz.gov.cn/col/1451897146243/2016/12/26/1482737677445.html
http://www.sjz.gov.cn/col/1479712552745/2016/12/28/1482886321751.html
http://www.chinanews.com/sh/2017/01-01/8111185.shtml
http://sjz.hebnews.cn/2016-12/12/content_6139194.htm
http://www.iges.or.jp/jp/china-city/pdf/document/2015_doko/3_tihoutoshinoseisakudoukou.pdf
posted by aquarelliste at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 消息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする