2017年01月22日

天津の田舎でせっせと作られるニセ調味料

 雀巢(ネスレ)、太太楽、李錦記、家楽(クノール)などの有名メーカーを騙り、料理に使われる醤油、酢、化学調味料などを10年以上も作る続けていた天津市の片田舎にある村に査察が入りました。

 企業名ではピンとこなくても、ググってみれば鶏精(太太楽)など、中国で暮らしていれば目にしたこともあるような、有名なメーカーばかりであります。

 北京、上海を始め全国各地に販売網を持っていたようで、北京市の小売店では4、5年前から売られていることが確認されています。各地の食品衛生部門も血眼感を出して調査に乗り出しているようです。


※三大お酢の産地らしいです

 天津市の南西に位置する独流鎮。元々有名なお酢の生産地だったのですが、2002年ごろにまずはお酢の、次第にニセ調味料全体の生産に手を染めていくようになりました。

 先日天津市委書記に就任した李鴻忠に送られた書簡の中で、地元の人間だという書き手は書記の顔に泥を塗って申し訳ないとしつつも、「30年発展していないのは事実で、我が鎮は忘れられている」と窮状を訴えています。だから犯罪に手を染めていいわけではないんですが、「発展の恩恵をくれないと同じようなことが起きるぞ」とは切実です。

 同鎮には40から50の拠点が集中し、売り上げは今や年間1億元(約16億円)、1日当たり50万元程度を生産する一大生産拠点へと成長を遂げていました。老板はポルシェやアウディでごくたまに現れるそうで、相当儲かっちゃってる様子が伺えます。

2017012201.jpg
※手広く作っている

 ニセ調味料作りには10年以上手を染めており、工員は地元の親戚か友人で、外部の人間は一切雇わず。また、工場となっている平屋の民家には監視カメラが備え付けられ、日によって生産する場所を変え、輸送時にはダンボールを二重にして、外側は無地にするなど徹底した用心深さでした。

 メーカーが独自にニセモノを調査する覆面には、500元から1000元を口封じに渡して乗り切っています。これは一斉入れ替え待ったなし。

 工業用塩、保存料として使われるソルビン酸カリウムや安息香酸ナトリウム、甘味料のチクロといった人体に有害な原材料を使用しているのは、その他大勢のニセモノと同じでした。安全なニセモノってないですからね。

 鎮党委、政府は18日、最高5000元の賞金をエサに密告を呼びかけるおふれを出しました。全く知らなかったわけではないと思うんですが、そこはそれ。ところで「踊躍舉報」てどういう状態なんですかね。

 さて、人民日報に天津市はちゃんと対応しろと激を飛ばされていますが、就任したばかりの李鴻忠が忠誠を示す絶好の機会であるとともに、任期中にゴーストタウンを作り、全国規模で被害を出したニセモノ作りを続けさせていた節穴おじさんこと張高麗の責任論不可避ではないかと、残酷な期待をするばかりであります。

==参考消息==
http://chuansong.me/n/1490384351025
http://chuansong.me/n/1490384451026
http://chuansong.me/n/1492311351329
http://news.mingpao.com/pns/dailynews/web_tc/article/20170121/s00013/1484936876960
http://news.mingpao.com/pns/dailynews/web_tc/article/20170121/s00013/1484936877802
http://news.mingpao.com/pns/dailynews/web_tc/article/20170121/s00013/1484936873200
posted by aquarelliste at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 消息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする