2017年03月14日

ライブ配信サイト・水滴直播の使われ方

 水滴直播というライブ配信サイトへの注目が集まっています。

 水滴直播が想定する使い方は、各地の定点映像、地方都市のラジオ局や自分のペットをひたすら流すライブ配信、youtubeなどでも見られる「やってみた」シリーズの配信など穏やかなものでした。

 しかし、全国各地にある高校、中学校が教室にカメラを設置し、教室の様子をライブ映像を配信していたことで、一気にメディアに登場することに。

 混み合っているところは低速になるので会員登録を勧められますが、特に会員登録などせずも、最初からライブ映像を見られてしまうのが中国のいいところです。

2017031404.png
※右上に時間が出ないのはディレイの可能性も

 ライブ映像には、どこの教室を写しているのか位置情報や連絡先がわかるようになっており、北京市の新京報は朝陽区の学校を電話取材。幼稚園、小学校「かなり前からカメラを設置している」「設置する際には父兄に知らせた。教室はプライベートな空間ではなく公共の場所」と説明。

 「自分から音頭をとって各教室に設置した」という河南省許昌市蘘城県の教師は、受け持ちのクラスの大多数の児童が、両親共に都市部へ出稼ぎし地元で祖父母が面倒を見る留守児童であるため、父兄がネットを通じて我が子の姿を確認できることから評判も上々とのこと。

 厳しい学校では在校時間の半分を占める自習時間も教室内部が管理可能で、他の教師の授業風景も確認できるメリットもあり、双方の利害が一致した格好です。

2017031402.png
※授業終わってるのに、とお嘆きの父兄に

 午後8時を回っても自習時間として時間割に組み込まれている学校などは、留守児童ではなく通いの子供を持つ父兄も安心という側面もありますね。

2017031401.png
※まだまだご覧頂けます

 といった当事者の同意をよそに、プライバシー保護の観点からネットが騒がしくなったからなのか、蘘城県を含む教室のライブ配信は一部が停止されることになりました。と言っても「教育」カテゴリーには各地の学校の様子が確認できます。

 この水滴直播、店の宣伝になりますよと香港の飲食店にカメラを設置するよう営業をかけており、それに乗ったお店は「24時間監視中」と書かれたプレートを店の内外に掲げているそうです。

2017031403.jpg
※24時間監視中のみ表示

 監視カメラがあるのはいいとして、ライブでの配信を表示していないのは反則。水滴直播だけに責任があるわけではありませんが、大陸のサイトでライブ配信されていると知れたら香港人怒りそうですね。

==参考消息==
http://chuansong.me/n/1657748851425
http://news.youth.cn/sh/201703/t20170311_9269148.htm
http://news.youth.cn/sh/201703/t20170311_9268926_1.htm
http://news.youth.cn/jsxw/201703/t20170311_9272305.htm
http://www.bjnews.com.cn/news/2017/03/13/436337.html
https://www.hk01.com/港聞/77276/內地監控殺到香港-旺角茶餐廳食客食相-內地網站直播
https://www.hk01.com/兩岸/77255/內地多地學校教室-宿舍-被直播-涉嫌侵犯個人隱私
https://www.hk01.com/兩岸/77345/當攝錄機與直播平台綑綁-被直播-被監控-將成為常態-
タグ:水滴直播
posted by aquarelliste at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 消息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする