2016年04月19日

常州市の華麗な手のひら返し

 江蘇省常州市の常州外国語学校が昨年9月に新校舎に移転してから、学生493人が皮膚炎や気管支炎などを発症していると中央メディアが報道。一部ではリンパ癌、白血病などを訴える学生も出ています。

 同校と道路を挟んだ向かいは化学工場三社の跡地三社のうち常隆化工に30年以上勤めている職員によると、作業を省略するために有毒排水を直接排出したり、廃棄物を地中に埋めていたとのこと。

2016041901.png
※写真下側が工場跡地かな

 中央メディアの報道で、地元常州市委、政府は調査チームを結成し、「環境汚染ゼロ容認」とどこかで聞いたようなフレーズで調査に乗り出しています。

 移転後、自分たちの子供たちに異常を認め、登下校の送り迎え時に学校周辺で刺激臭を感じた父兄は独自に調査を行い、化学物質が検出されたため、学校側に再度移転を伝えています。

 常州外国語学校は1月6日、移転を否定し、市環境保護局も「工事の過程で農薬のような匂いがする」「この匂いが周辺に影響を与えるかの判断は難しい」と父兄の不安を一蹴。さらに同校がある新北区が大気調査で問題がなかったことを発表しています。

 その後も父兄の不安は晴れることなく、1月12日から同校は休校となりました。では、中央メディアが報じるまでの常州市と常州市外国語学校の対応を見てみましょう。

父兄に告げる書(2016/2/20)

 「市、区政府と関連部門は父兄の強い要求の元」、「(向かいにある)常隆化工の修復工事を終えた」「市、区政府と関連部門の広範な保護者の要求と教育工作の尊重を体現」と、上から目線の説明が続きます。

父兄に告げる書(2016/2/26)

 26日、校内の土壌、地下水に対する環境調査の結果、問題はなかったとの見解を示しています。(調査結果


常州外国語学校の一部学生の健康診断報告、病歴問診など資料分析に関する説明(2016/3/18)

 父兄から子供が甲状腺結節、リンパ節肥大などの異常が出ているとの報告に対し、市衛生計画生育委は関連を完全否定。

一部の人間が悪意を持って環境調査結果を歪曲して散布することに関する声明(2016/4/7)

 デマです、法的責任を問うぞゴラァ。

常州外国語学校の環境調査結果に関する説明(2016/4/15)

 再度検査を行ったが問題ない。

環境汚染に対しては"ゼロ容認" 常州市政府が調査チーム結成(2016/4/18)

 4月17日,中央テレビ『新聞直播間』で「建設すべきではない学校」が報じられ、常州市委、市政府は高度に重視し、当日夜に緊急会議を招集、合同調査工作チームを結成した。教師、生徒の健康に高く責任を持ち、環境汚染に対しては「ゼロ容認」の態度で、迅速に関連工作を展開する。
 父兄が独自で行っていたのは向かいの化学工場跡地での土壌や地下水調査、学校側が行っていたのは敷地内の調査ということで、言い訳は成り立つかもしれません。建設前の環境調査がどうなっていたかが焦点になりそうです。

==参考消息==
http://www.czxd.gov.cn/html/cznd/2016/OEMALFQM_0110/214601.html
http://www.bjnews.com.cn/news/2016/04/18/400450.html
タグ:環境汚染
posted by aquarelliste at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 消息 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436844452

この記事へのトラックバック