2016年07月16日

ヴィッキー・チャオ新作出演者に台独・反中疑惑

 監督業の滑り出しが好調な趙薇(ヴィッキー・チャオ)が、制作中の映画「沒有別的愛」に台湾独立派(台独)とみなされている台湾人俳優を起用したことで、官製メディアから総攻撃を受けています。

 口火を切ったのは中国青年報の微博でした。このときはネットと映画関係者の文通をNaverよろしくまとめただけだったのですが、やりとりがわかりやすいので書き出してみます。

ネット「戴立忍は反服務貿易活動に関与していた」(水原希子も中国を辱める画像にいいねしていた)

ヴィッキー「断章取義のメディア氏ね」「お前ら問題を複雑にしたいの?」
戴立忍「台独派のレッテル貼るのやめてくれる?」
製作側「ヴィッキーへの人身攻撃には法的処置をとる」

ネット「台独氏ね」「ヴィッキー氏ね」

「台独」のみならず過去の悪行が虚実織り交ぜられながら紹介される
 このまとめの一番最後に紹介された水原希子は、昨日夜に自身の微博で謝罪をしています。

2016071804.png

 黒がベースの服をまとい、化粧を落とし、地味な背景の前で頭をさげる光景。台湾総統選挙の前に起きた周子瑜事件を彷彿とさせます。

 水原は3点の疑惑について説明しています。

(1)靖国に参拝したとされる写真について、本人ではないと主張しています。「両親ともに外国人で」とか言い出した時には、おいおい日本名を名乗っておいてその逃げはないやろと発作的に感じたのは事実です。

2016071803.png

 誰に教えてもらったのか、「錯把馮京當馬凉」「私は馮京です」と棒反論。老眼の試験官が名前を見間違えた故事に由来する成語です。

事態をよく見極めないと、物事を見誤ってしまうという意味で、謝罪と銘打ってるときにふさわしい成語なのかという気もしますが。

(2)天安門広場にはためく中国国旗に中指を立てた写真も私ではないと反論。

2016071801.jpg

 元の写真はアイ・ウェイウェイのドキュメンタリー映画に使われたものでした。アイは中国国内では情報が出回っていないので、特定班が役に立たなかったか、日本人だしってことでスルーされたかですね。

(3) 2013年、友人がインスタグラムにあげた写真にいいねを付けたが、間違った写真を貼り付けてたのに気付き、いいねを取り消したし友達も写真を削除した。

2016071802.jpg

 間違った写真とはこれのようです。当時韓国でも話題になったようですね。

 「水原が中国を辱めた写真」があることは最近の報道で知っていましたが、なるほどこういう話だったんですね。水原だけならともかく、台独さんと合わせ技で一本判定されたため謝罪に至ったというところでしょうか。

 本丸の台独さんは元気があればやります。

==参考消息==
http://www.weibo.com/ttarticle/p/show?id=2309403994300454153797
http://www.weibo.com/5474534259/DEXiGh83J?from=page_1003065474534259_profile&wvr=6&mod=weibotime&type=comment
http://theculturetrip.com/asia/china/articles/ai-weiwei-never-sorry/
ラベル:政治的正しさ
posted by aquarelliste at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 消息 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック