2016年09月12日

組織部目線で楽しむ天津の後任

 実は、ともったいぶるようなことでもないのですが、十九大(第19回党大会)の人選リストを少しずつ進めるという、組織部目線の作業をしているのですが、黄興国を削るハメに。

 代理書記というのは、省長がまず代理省長として数ヶ月過ごす慣例があるのとは異なって、前任の書記が解任された後を任される場合にしか生まれないポストで、私としては信頼しているからこそ後を任されたと見ていました。

 トップの書記だけがドロドロの真っ黒なのに、省長以下がクリーンでヘルシーな訳はなく、安全なのは信頼できる部下を送り込むことですが、二番手の省長に代理をさせるくらいだから、次は代理を外して政治局委員も固いものとばかり。

 代理書記はいずれも政治局委員以上に昇格するというデータもあるんですよ。もともと政治局委員だった尉健行と張徳江は常務委員に昇格しているし。

2016091201.png
※湖北省長は現在不在です。

 先ほど完成した、地方自治体トップ2リストです。ご確認ください。人名でフォントを大きくしているのは、習近平の腹心さんになります。今年6月から実に11の省、自治区の書記が入れ替わっています。

 注目は新疆自治区で、陳全国はいち早く政治局委員が確定したのと、張春賢の行き場所がまだ決まってないことでしょうか。

 一瞬だけ張春賢との情報も流れた天津市委書記の後任ですが、新疆トップを解任され目下無任所の張春賢がワンポイントリリーフを務めるのか。それとも地方経験が豊富な汪洋か、もしくは天津時代が超長い浙江省委書記の夏宝龍あたりの人選が現実路線と見られます。

 習近平ゴリ押し人事なら、ものすごい勢いでジャンプアップしている李強。浙江時代の秘書長ですが、彼は6月に江蘇省委書記に転出したばかりですので、まあ無いかなと。
posted by aquarelliste at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 消息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441875194

この記事へのトラックバック