2016年09月22日

郭斌の反日ツイートについて

 前回の続きになります。九一八から4日経ち、日本メディアの報道も出揃った感があるので、まとめてみました。私とは縁もゆかりもない夫婦ですが、中国メディアは中国語読めるのに読まないし、日本メディアが反日夫婦扱いするのを黙って見ているのも忍びないので、しつこく私の解釈を披露する次第です。

 中国メディアの論評、ましてやネットの声などは恣意的にいくらでも集められるので紹介する意味はなく、郭斌のツイートをどう解釈するかが問題です。

 遇到一些欺負人的事總是很難緩過勁,曾經的九一八!整個國家被一個比咱小太多的Sb國家從頭到腳羞辱欺負的到家了!我是去過日本卻從不用它包括電器之內的任何產品!甚至在日本住酒店很小人地把水都打開,還覺得解氣!其實這沒用!咱的多得位加油!加油!
 屈辱を受けた人の気持ちが休まることはなかなか難しい。例えば九一八だ!国家全体が、自分たちより遥かに小さいクソ国家からこれ以上ないほどの恥辱を受けた!私は日本への訪問経験があるが、電化製品を含めて日本製は使ったことない!それに、日本のホテルでは小人のごとく蛇口を全開にしてやった。スカッとしたぞ!意味ないわ!やっぱりみんな真面目に頑張ったほうがいいな!
 愛国行為を書き出した後に愛国行為は意味が無かったと受けており、郭斌の真意が後段にあるのは自明です。

 第一報ではレコチャ自身も端折ったことを無視しながら、愛国行為の後を中国メディアが省かれたと指摘しています。まさにその通りで、共同や朝日も同じ轍を踏んでいるのです。

 中国青年報の論調を見ていると、どうも文脈は無視し「行きすぎた愛国行為を戒めるキャンペーン」に、いいように使われているフシすら感じます。

 環球時報は初報時に微博の全文を紹介しつつ、「郭斌は日本製のGショックを付けている」と最初から逃げを打てるようにしています。デモの予兆でもあったんでしょうか。

 サイゾーは「すっきりした。でもこの程度ではダメなんだ。みなさんも頑張って!」という理解でしたし、全体的に「ボクが知っている愛国中国人像」を軸に記事をこしらえているので問題外でしたが、共同も朝日もあまり差はないです。原文くらい読んでほしいです。

 多分2ちゃんぽくすると、こうなるんだと思うんです。

  屈辱を受けた人の気持ちが休まることはなかなか難しいwww例えば九一八だwww国家全体が、自分たちより遥かに小さいクソ国家からこれ以上ないほどの恥辱を受けたwwwwww私は日本への訪問経験があるが、電化製品を含めて日本製は使ったことないwwwwwwwwwそれに、日本のホテルでは小人のごとく蛇口を全開にしてやった。スカッとしたぞwwwwwwwwwww

 意味ないわ。やっぱりみんな真面目に頑張ったほうがいいな。
 前段は本人の行為ではなく、「一般的な愛国者」の行為を書き出し、そう言った愛国行為は全く意味のないものであり、そういった人間とは距離を置くほかないというのが、郭斌の真意だと見ています。

==参考消息==
http://www.recordchina.co.jp/a150722.html
http://www.recordchina.co.jp/a150762.html
http://news.livedoor.com/article/detail/12040776/
http://www.recordchina.co.jp/a150757.html
http://news.livedoor.com/article/detail/12048076/
http://www.sankei.com/world/news/160919/wor1609190037-n1.html
http://digital.asahi.com/articles/ASJ9P4G71J9PUHBI00N.html
http://news.youth.cn/gn/201609/t20160921_8676981.htm
http://world.huanqiu.com/hot/2016-09/9470108.html
http://vote.weibo.com/poll/137510869
http://aqurelliste.seesaa.net/article/442072542.html
ラベル:九一八
posted by aquarelliste at 13:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 消息 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、凄く面白くて為になります、最近はパヨクさんもネトウヨさんも、冷静でなくかつ相手を知らない、貴重なブログありがとうございます。
Posted by 政界ウォッチャー三十年 at 2016年09月23日 15:52
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック