2016年09月25日

北朝鮮制裁が本気ならいけにえがいりますよね

 9月20日、外交部記者会見で、中国国内のある企業が北朝鮮の核開発を助けているとして名指しで批判されました。

問「中米両国が、北朝鮮の核開発プロジェクト推進をサポートしている企業の調査に乗り出し、朝鮮との貿易で密接な往来のある遼寧鴻翔実業発展公司も含まれていると報じられたが」

答「ご存じのように、中国は朝鮮の核兵器開発に対して反対する立場は一貫しており、明確である。中国は半島の無核化推進のためにたゆまぬ努力を続けている。我々は安保理決議2270号の履行に、真剣に取り組んでいる。拡散防止、輸出制限などの国際的な義務履行において、行っている努力は誰もが認めるどころである。

 いま名前の出た関連企業は、中国の関連部門が法に基づいて経済犯罪など違法行為に対する調査を行っている。近日情報を発表する」
 そんな報道ありましたっけとググってみたら、遼寧省公安庁のサイトがソースでした。なぜか入れないので微博で確認。

 遼寧省公安機関は、丹東鴻翔実業発展有限公司、及び関係者が長期にわたり、貿易活動において重大な経済犯罪に関与していた疑いがあることがわかった。公安機関は確かな証拠を掴み、同社及び関係した責任者に対し立案調査を行う。事件関係者は目下取り調べ中である。
 丹東鴻祥実業発展有限公司は、外交部記者会見で名前が出た遼寧鴻祥実業集団傘下の一企業で、国際貨物輸送会社、旅行社や瀋陽、丹東にホテルを擁する同地のトップ企業です。

 商務部が2013年に北朝鮮への輸出を禁止した酸化アルミニウムなど、核開発に必要な金属4種類を、禁止後も丹東鴻翔グループ傘下の企業がせっせと輸出していたことが確認されています。

 中国の制裁がザルだったことを中国自身が認めた形になりましたが、中国が同社トップである馬暁紅を経済犯罪の容疑者として厳罰に処すだけなのでしょうか。

2016092501.png

 現在、丹東鴻翔の朝鮮側の株主である朝鮮光鮮銀行(49%)の中国駐在員、丹東税関など中朝貿易の関係者が連行されているようです。また、同社の資産も9月初旬に凍結済み。中国経済報の記者が本社の入るビルを訪ねたところ、1か月ほど前からグループの入っていた16階へ出社する人間がいなくなったとのこと。

 「安保理決議2270号の履行に真剣」と言い続けてはや半年。ここに来て発表された中朝貿易の半分以上を占めてきたという同社への摘発。昨年末のモランボン楽団ドタキャンから明らかに朝鮮に対する扱いが悪くなっていたのですが、いよいよ中国が本気を出してきたと見ていいのかもしれません。

 遼寧省単独で中朝貿易を進める力があったとはとても考えられないので、誰か大物が王岐山の餌食になってしまうんですかね。そういえば王岐山さん、最近またずっとこもってましたね。

 なお、17日に遼寧省の全国人民代表選出に関して、選挙買収に関わったとして省人民代表委員が大量に解任されました。この中に馬暁紅も含まれており、不逮捕特権がなくなっていますが、こちらは賄賂を出した国有企業のトップを一掃するためで、本件とは特に関係ないかと。

==参考消息==
http://www.mofa.go.jp/files/000149966.pdf
http://www.npc.gov.cn/wxzl/wxzl/2000-12/06/content_4425.htm
http://www.cb.com.cn/zjssb/2016_0922/1169218.html
http://www.cb.com.cn/index.php?m=content&c=index&a=show&catid=73099&id=1169320&all
http://cn.nytimes.com/china/20160921/north-korea-china-inquiry-hongxiang/dual/
http://www.rfa.org/mandarin/yataibaodao/junshiwaijiao/nu-09222016104847.html
http://www.rfa.org/mandarin/yataibaodao/junshiwaijiao/ko-09202016111751.html
http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1398913.shtml
http://www.weibo.com/2386798841/E8oJde0aj?from=page_1001062386798841_profile&wvr=6&mod=weibotime&type=comment
http://zhenhua.163.com/14/1225/17/AEB1KEPT000465NC.html
http://digital.asahi.com/articles/ASJ9N62DJJ9NUHBI02F.html?rm=346
http://mainichi.jp/auth/guide.php?url=%2Farticles%2F20160923%2Fdde%2F007%2F030%2F039000c
http://jp.wsj.com/articles/SB10367111121010623688804582332343947891280
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/09/21/2016092100493.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/09/21/2016092100487.html
http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2016/09/22/0300000000AJP20160922002000882.HTML
http://japanese.joins.com/article/026/221026.html
http://dailynk.jp/archives/74204
http://dailynk.jp/archives/74254
タグ:中朝
posted by aquarelliste at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 消息 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442248550

この記事へのトラックバック