2017年01月30日

中央の指導者による古参同志慰問について

 旧正月に入ると政治的な動きは止まるので、旧正月恒例の古参同志(ベテラン党員)慰問についてまとめました。副国級以上である中央の指導者が慰問する古参同志もまた副国級以上。閣僚級のさらに上に位置する殿上人の方々であります。

2017012901.png
※オレンジの網がけは正国級、文字の赤は当年新人となった古参同志

 今振り返ると1999年までさかのぼる必要はなかった気もしますが、かつては喬石や宋平がどこで旧正月を過ごしているかがわかるプライバシーのダダ漏れ状態だだったことが判明したので、全くの無意味ではありませんでした。

 西暦の末尾が7の年に党大会が開催され、党職に就いている面々が引退。政府職からの退任はその翌年なので、新メンバー加入の時期がずれます。

 例えば、党の職務である中央紀律検査委書記だった尉健行は、2002年11月の党大会で退任しているので、2003年1月の時点で新メンバー扱いされています。李鵬、朱鎔基らはその後の3月で退任しているので、3月から新メンバーなのですが、年一度の慰問での新メンバー扱いは2004年からになります。新年加入は基本的にこのタイミングしかなく、あとは次の党大会まで減っていくのみ。

 江沢民のみ2006年からの加入になっていますが、これは2005年まで国家軍事委員会主席のポストにあったためです。江沢民はヒラ党員になった2009年にも、当時の上海2トップを従えて古参同志が出席する新年の祝賀会にホスト側として登場するなど、かくしゃくとしていました。

 最近は元気がないのですが、春頃になれば冬眠から覚めてまた動き出すものと期待しています。

 2014年はこれまでの名簿読み上げがなく、総書記経験者の2人のみ名前が挙がる異常事態でしたが、これは当時すでに取り調べが始まって、党と国家の指導者ではなくなっていた周永康の去就を知らせたくがないための措置だったようで、翌年から従来の方式に戻っています。

 なお、2013年の葬儀から、現役常務委員及び常務委員経験者を除く副国級の序列は公表されていないため、補完ができなかったことを申し添えておきます。

==参考消息==
http://news.xinhuanet.com/newscenter/2009-01/24/content_10714432.htm
タグ:序列
posted by aquarelliste at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 消息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446488222

この記事へのトラックバック