2017年04月03日

演説原稿の読み間違え

 中国語を習いたてのころ、読み方を気をつけるよう言われたのを今でも覚えているのが、与えるという意味の「給予」です。

「給」単独では「gěi」と読むので「gěi yǔ」となりがちですが、実際は「jǐ yǔ」。長年中国人をやっている妻も「gěi yǔ」と読んでいたのて、ネイティブでも犯しがちな読み間違いなのかもしれません。

 中国メディアは、誤読を誘いやすい漢字には読み方をピンインでカッコ書きしてくれます。それでも、誰にでも読み間違いはあるものです。

 最近ですと、安徽省にある「亳」(bó)州市の例があります。

 「亳」は否定文やミリリットルなどの単位を漢字で表記する際に使用する「毫」(háo)と似ているため、ずっとháo州と誤読され続けていました。BBCも普通に毫州と書いてて、それをそのままコピペした私も大恥をかいたことがあります。

2017040301.png
※宣伝効果はあったのか

 中国の紅白ともいうべき春晩に、地元酒造メーカーが「安徽亳(bó)州」とクレジットを出したこともあり、地元の認知不足に対する焦燥感みたいなものが伝わってきます。

 亳州市宣伝部の元幹部は、そもそも地元の知名度が無く、経済発展をして多くの人に正しく読んでもらうしかないと半ば諦めモードなのですが、地元は諦めずにちゃんと読んでもらうためのイベントを開催したり、地道に努力を重ねているようです。

 ただし、誰にでもある間違いとはいえ、完璧超人でなければならない党員幹部になるとメディアの当たりも厳しくなります。

 上海市委機関紙の解放日報が、「最近、ある党員が『飲鴆止渴』(喉の渇きを癒すため、毒をあおること。)を『飲鳩止渴』と読み間違えた」と批判。読み間違えをよくやるという阮成発・雲南省省長のことで、解放日報は「ネットが普及した昨今、この手の間違いはすぐ広まる」とお怒りです。

 阮は昨年12月にも滬昆高速鉄道の開通式で、滇(diān)越鉄路を鎮(zhèn)越鉄路と読み間違え、また2月にも撫仙(xiān)湖を撫優(yōu)湖と読み間違えています。任地である雲南省について全く勉強していない阮の解任を求める書簡が、20名以上の退職党員の連名で中央組織部に出されたとのこと。

 阮は武漢生まれ。党員となってからもキャリアを湖北省で積み上げてきたとは言え、滇は雲南省の略称、別名ですし、撫仙湖も省内の有名な湖ですから、地元の党員が怒るのも無理はありません。

 演説で使われるような四字熟語は、話し手のインテリジェンスを感じさせるために多用される一方で、ライターが頑張り過ぎた結果誰も意味が分からないような熟語を使って、出展や用法をわざわざ補足説明する記事が出る場合もあり、加減が難しいところです。

 ただし、『飲鴆止渴』は中学校で習うので、この件に関しては阮の個人的な資質に帰する気もします。博士号持ちなのにという声もあるようですね。

 そういえば我らが習大大も、昨年のG20で四字熟語を言い間違えをしてました。当該の記事はもちろん修正され、動画は削除されるといういつもの対応でした。

 演説後、妻の彭麗媛が王滬寧、栗戦書、劉鶴を呼び出して、原稿の責任者である王、劉に「なぜあんなマイナーな熟語を使ったのか」と、栗には「練習の際気付かなかったのか」と詰め寄ったという話が大好きです。習近平の無学より、嫁のがぶり寄りに目がいってしまいます。

==参考消息==
http://www.thepaper.cn/newsDetail_forward_1433967
http://news.xinhuanet.com/food/2016-08/08/c_129213769.htm
http://newspaper.jfdaily.com/jfrb/html/2017-03/30/content_18235.htm
http://www.soundofhope.org/gb/2017/03/27/n814108.html
http://cn.rfi.fr/中国/20160906-习近平错读“通商宽农”为“通商宽衣”被指没文化
http://www.voachinese.com/a/news-trump-treats-obama-with-sarcasm-20160907/3497408.html
ラベル:習近平
posted by aquarelliste at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 消息 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック