2017年07月17日

孫政才失脚はほぼ確実

 りんご、明報など香港紙が、今年の党大会で政治局常務委員入りを狙っていた孫政才の失脚を伝えています。どこまで信用していいものか。香港紙はカンニングみたいなものなので、公式報道からどれくらい危ないのか見てみます。

交代の一報が入ったのは15日の午前9時半。孫政才が務めていた重慶市委書記の後任に、陳敏爾・貴州省委書記が就任すること。同時に陳が貴州省委書記を降り、その後任には省長の孫志剛が昇格することが発表されました。

 孫政才について、「另有任用」という四文字がなかったことに違和感を覚えました。

 另有任用は「別途、党内部のポストで任用」という意味。別にポストが用意されているが、現時点では具体的な名称は明かせないか未定の状況で使われます。

 例えば、昨年8月に新疆自治区委書記を退任した張春賢は另有任用の文字がありました。10月になって中央党建設工作領導小組副組長という、具体的なポスト名が公表されています。

 一方、今年5月に北京市委書記を退任した郭金龍は、中央精神文明建設指導委員会副主任という、上がりポストへの就任が同時にアナウンスされていましたので、另有任用の四文字はありませんでした。

 この時点ではそこまで深刻には受け止めていなかったので、孫や陳が何をいうか、孫が組織部からどういう評価を受けるかを見てからでも遅くはないので、孫と陳の新旧書記が地元幹部を集めた交代式典の報道を待つことにしました。

 ところが、15日早朝に開催された幹部大会には孫は姿を見せませんでした。通常であれば新旧書記、交代を告げる組織部の担当者、省長以下省の幹部が出席するのが慣例となっています。

 後任の陳や組織部の担当者である趙楽際(組織部長)、陳時代ナンバー2の省長が、発言の中で孫の在任中の功績について触れるのが通例ですが、これもありませんでした。

 これだけでも異常事態なのですが、決定的なのが14日、15日に北京で開催された全国金融工作会議の報道です。

 各地方自治体や金融、証券関係の責任者らが集められた同会議では、政治局委員もフル出席が基本です。政治局委員は左右一列に座っているので、半分ずつを順に横にスライドさせていくように各委員を映してくのですが、許其亮と李源潮の間が不自然にカットされています。

2017071601.png
2017071602.png
※誰でしょうか(棒)

 政治局委員の座り方は決まっており、許其亮と李源潮の間に座っているのは孫政才で、明らかに青色のシャツを着た誰かが座っていることがわかります。

 これにより、孫政才は重慶市の幹部大会を欠席したのではなく、全国金融工作会議に出席していたものの、出席中に映してはいけないステータス異常に陥ったと考えられます。

 会議出席を一度は映像あるいは写真で公開されたものの、会議直後に拘束されたためその後の報道では不自然にカットされた前例に、周本順・前河北省委書記がいます。

 周は会議当日に拘束が公表されましたが、そろそろ始まりそうな北戴河で追認を受けてから発表という段取りでしょうか。

==参考消息==
http://hk.apple.nextmedia.com/realtime/china/20170715/56960723
https://news.mingpao.com/pns/dailynews/web_tc/article/20170716/s00013/1500141299559
http://news.xinhuanet.com/politics/2017-07/15/c_1121323441.htm
http://politics.people.com.cn/n1/2016/0830/c1001-28676010.html
http://news.xinhuanet.com/renshi/2017-05/27/c_1121047932.htm
http://renshi.people.com.cn/GB/17398115.html
http://politics.people.com.cn/GB/14562/17402526.html
http://www.cqwb.com.cn/mxw/2017-07/15/content_383890843212546.htm
http://tv.cctv.com/2017/07/15/VIDE8p0X9rWWglkcyJvQVNuC170715.shtml
posted by aquarelliste at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 消息 | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

中国卓球総監督解任

 6月20日から25日までの日程で、四川省成都市で開催されていた卓球の中国オープンを、中国代表の馬龍(世界ランキング1位)、樊振東(同2位)、許キン(同3位)が揃ってボイコットしました。



2017062601.jpg

 23日、3人は揃って微博で「試合に出る気分じゃない」と投稿し、その後会場に現れなかったため失格処分となっています。樊、許ペアは男子ダブルスの準決勝には出場しているので、その後にボイコットすることを決めたことになります。



 彼らのボイコットは、20日に劉国梁を総監督から解任した中国体育総局に対する抗議であることは明らかでした。劉が姿を見せない試合会場には、観客たちによる劉国梁コールが響き渡っています。

 中国国家体育総局は、フラット化を理由に総監督のポストを無くし、3ヶ月前に総監督に就任したばかりの劉国梁を国卓球協会副主席に追いやってしまいました。内部改革は他のスポーツでも行われているのですが、この手の副主席は大体名誉職なのが相場。同協会の副主席はすでに18人います。

 同日、体育総局は上記の選手3人と、コーチ2人が行なったボイコットについて、社会に悪影響を与えたとして次のように厳しく批判しています。

 重要な国際大会で断りもなく試合を放棄したことは、スポーツ選手の職業道徳と品位を省みず、国家の栄誉と利益を無視し、観客を尊重せず、対戦相手を尊重しなかった。このような行為は極めて誤りであり、我々は断固反対である。

 スポーツチーム、スポーツ選手はいついかなる時であれ、愛国主義、集団主義を最優先とするよう要求する。厳しい試練に耐えた思想作風、厳格な紀律の要求は、スポーツのレベルと同じように重要である。国家体育総局は中国卓球協会に対し事実関係を調査し、厳しく処分を行う。
 中国卓球チームはこの批判を受け全面降伏し謝罪文を発表しました。ただし、3選手の行動については「国家卓球チームの管理方法、具体的な内容の調整を完全に理解しないまま、感情的になり、勝手に試合放棄した」とかばう姿勢を見せています。

 謝罪文より1時間ほど先に出された声明では、これまでの貢献に応えるべく、劉を副主席に昇格させさらに高いポジションからチームの管理、トレーニングなどを引き続き担当する人事だと説明。3選手の勘違いということにして幕引きを図る構えです。

 ただ、苟仲文が国家体育総局局長に就任した際は、管理者層を無くして局長が直接指導するとフラット化の意図を説明しており、劉はポストの名前が変わっただけというような説明はいかにも矛盾しています。

 なお、張継科(世界ランキング4位)も臀部の痛みを理由に第1ゲームの途中で試合を棄権しています。今思えばという気もしますが、卓球協会が名指ししていない以上、微博でコメントを投稿したかどうかを判断基準にしているようですね。

 サッカー改革で意見の分かれる、サッカー協会主席の蔡振華(副局長)潰しのためとばかりに杜兆才・局長助理(次官補)をサッカー協会党委書記に送り込んでいます。

 蔡も卓球選手上がりで、現在卓球協会主席を兼任(バトミントンも)。2期連続で中央候補委員だったりします。劉は当然蔡の直系になるのですが、劉が総監督時代と変わらずチームに携われるかどうかはしばらく様子を見ないといけません。

==参考消息==
http://www.tv-tokyo.co.jp/tabletennis/2017/06/000437.html
http://www.bbc.com/zhongwen/simp/chinese-news-40395602
http://www.sport.gov.cn/n316/n337/c811984/content.html
http://www.sport.gov.cn/n316/n337/c811993/content.html
http://www.weibo.com/2751313073/F9mN5ktqV?from=page_1005052751313073_profile&wvr=6&mod=weibotime&type=comment
http://www.weibo.com/1847912164/F9n1rCvaj?from=page_1005051847912164_profile&wvr=6&mod=weibotime&type=comment
http://www.weibo.com/2349336003/F9mDamRAI?from=page_1005052349336003_profile&wvr=6&mod=weibotime&type=comment
http://www.ctta.cn/xhgg/qttz/2017/0624/149306.html
http://sports.sina.com.cn/china/other/2017-06-20/doc-ifyhfnqa4506971.shtml
http://sports.sina.com.cn/others/pingpang/2017-06-21/doc-ifyhfnqa4526022.shtml
posted by aquarelliste at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 消息 | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

死去12年後に解凍、葬儀の理由

 中国が解放軍に階級を導入した1955年に中将となった王秉璋さんの葬儀が5月31日に執り行われました。

 葬儀には毛遠新(毛沢東の甥)、林豆豆(林彪の娘)、羅栄桓、劉伯承、趙紫陽らの子孫たちが参列したとのこと。珍しいところでは劉志丹の子孫の名前も上がっています。

 王は2005年9月に亡くなり、葬儀までの12年間ずっと入院していた三〇一医院にずっと冷凍保存されていたと、王の娘が証言しています。異常な事態であることは明らかでしたが、葬儀の報道を目にした時はあまり深くは考えていませんでした。

 よくよく調べてみると、王は建国後最大の反逆者であろう林彪おじさんの直系の部下。おじさんがソ連へ亡命中に墜落死してしまったため反革命集団とみなされ、以来10年間拘禁されていました。釈放された1981年の時点で、反革命集団の一味ではないと結論づけられています。

 共産党の王に対する評価は、2000年に出版された『中央党史人物傳』でなされており、抗日戦争時と空軍建設、特にミサイル事業と宇宙開発に功績があったと称えています。また、林彪事件に関する記述は一文字もなかったようです。

 ただし、完全に名誉回復されているかといえばそうではなく、葬儀挙行を知らせる訃告の書き方を見れば一目瞭然です。

2017061801.jpg
※500部用意した冊子が足りない盛況だったようで

 訃告には過去に担当したポストが書かれるのが普通で、王なら宇宙開発を担当していた第七機械工業部長という肩書きや、中将という階級が記載されてしかるべきところです。

 ところが訃告には「原總裝北京第二幹休所老紅軍,第三黨支部黨員幹部」とあるのみ。関係者によると、王は党籍と階級を剥奪されており、釈放後に部屋と年金を与えられて余生を過ごしていたとのこと。

 死亡して12年後の葬儀挙行は、王の子供の1人が危篤状態となったことと、冷凍保存の費用を今後は国が払わないと宣言したことが要因で、名誉回復がなったからではありません。いや、本音を言えば王が名誉回復したかなど、私にとってはどうでもいいことです。

 冷凍保存されていた王の遺体は水分がすっかりと抜け、一部は酸化していたそうですし、両足が割れたためにビニール紐で両足を固定するほかなかったなどと遺体の悲惨な状況を聞くにつれ、遺族はこんな惨めな最期を迎えさせたくはなかっただろうと思うのです。

==参考消息==
https://mp.weixin.qq.com/s/Q5zbhz5IaCMJ83fGBuqVaw
http://www.xiexingcun.com/dangshibolan/dsbl2003/dsbl20031006-1.html
http://blog.sina.com.cn/s/blog_4ab761450102wvx7.html
http://history.dwnews.com/news/2017-06-18/59820636.html
タグ:葬式
posted by aquarelliste at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 消息 | 更新情報をチェックする