2018年01月12日

乗降口に張りつき叫ぶ女性教師

 「夫が来たら乗るから」と乗降口に居座り、高速鉄道の発車を妨害したとして、女性に罰金2000元が科せられた。

 動画は1月5日、安徽省の蚌埠南駅から広東省の広州南駅行きG1747便が合肥駅で停車中の間に撮影された。

 女児を連れた女性が夫を待っていると言いつつ、高速鉄道が発車しないよう乗降口に張り付いていた一部始終がバッチリと収められている。

 4分近くある動画の最後まで夫は現れなかったが、その間高速鉄道の乗務員から何度も降りて待つよう諭されても頑として動かず、身柄を引き剥がしてホームまで連れ出し一度はドアを閉めかけたものの、女性は足をドアの隙間に挟んで抵抗。乗車への執着心が凄まじい。

 動画は無修正で出回ってしまっているので、すでにプライバシーもへったくれもない状態だ。母親の醜態を目の当たりにしても、同行している娘が動じている様子があまり見られないので、初めてではなさそうだ。

 9日午後、合肥市廬陽区は女性が市内の小学校教員の羅海麗であり、停職処分中であることを発表した。彼女はまもなく勤続20年を迎えるベテランということなので、それなりの年齢となる。

 羅さんは微信の実名アカウントで反論。おそらく普段は父兄とのやりとりに使用されているのだろう。全国に顔が知られ、実名も出たので怖いものはもうないのだろうか。

 にしても、夫は遅れていない、後ろで荷物を抱えていた、もうちょっとで来たのになんて書ける胆力は素晴らしい。これを書いた後、派出所に出頭し本件について自分が間違っていたと認めている。だが、掲載された文章を読むと、言い訳しか書いておらず反省の色は見られない。

 特に、職場への示威行為と自分の正当性をアピールであることが、結びの部分に色濃く出ている。

 私は列車の発車を妨害してはいない。1人の私にどうやって動車(高速鉄道)の前面で発車を妨害できるのか。学校は何を持って私を停職処分にしたのか。私が教えたことは間違ってはいない。

 公共の秩序を乱したとして、公安からは警告処分を受けている。駅で少しの間違いは犯したが、職場はなぜ関係のない処罰をするのか。
 職場とは思う存分戦えばいいと思うが、これだけの醜態をさらした後に父兄に会わせる顔がない、と考えてしまうのはナイーブなのだろうか。

 今回のような安全運行に影響を及ぼす行為や、喫煙したままの乗車などの迷惑行為を行った乗客に対し、ブラックリストに載せ5年間は乗車できなくなる、『鉄路旅客信用記録管理弁法』というものがある。

 ネットでは永久に乗車させるなとの声もあるが、取材を受けた弁護士は「基礎的なインフラサービスであり、乗車拒否はできない」との見解だ。

 禁じられてもまだ列車という代替えになる方法がある飛行機と違い、列車を禁じられると本格的に動けなくなるので適用するのはかわいそうという意味なのかもしれないが、そういう見解を出されると条例の存在理由が無くなってくる。

==参考消息==
http://news.163.com/18/0109/15/D7NG0INO0001899N.html
http://news.163.com/18/0109/12/D7N61S5H00018AOR.html
http://news.163.com/18/0109/15/D7NI7C8A000187VE.html
http://news.163.com/18/0110/01/D7OL9J6R000187VI.html
http://news.163.com/18/0110/04/D7OTC6PC0001875P.html
http://news.163.com/18/0110/01/D7OK2A160001875P.html
http://www.xinhuanet.com/local/2018-01/10/c_1122240225.htm
http://www.xinhuanet.com/2018-01/10/c_1122240584.htm
http://www.fawan.com/2018/01/10/849516t185.html
http://hunan.sina.com.cn/news/2017-05-06/detail-ifyeychk7079907.shtml
http://cnews.chinadaily.com.cn/2018-01/11/content_35481665.htm
http://news.xinhuanet.com/fortune/2017-01/19/c_1120347138.htm
posted by aquarelliste at 18:51| Comment(0) | 消息 | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

紀律検査委が司法に介入

 呉継徳という男がいる。甘粛省委統一戦線部副部長(正庁級)まで務めたが、3年前に紀律違反で党籍を剥奪された。

 罪状は収賄、公金横領、銀行預金の違法な吸い上げ、職権乱用、迷信活動など。収賄額の総額8000万元近いのはこのクラスの党員としてはちょっと多いが、蘭州市副市長時代に都市建設を担当していたので説明はつく。在任中は許認可権を思い切り駆使していたのだろう。

 呉は2017年1月に開かれた一審で懲役16年の判決を受けているが、金額からすればそんなものだろう。大抵の党員は判決に服すと記事に書かれて刑が確定するが、呉は受け入れたのかどうかがはっきりとしなかった。

 判決を不服とした呉は「多数の証拠があり、『銀行預金の違法な吸い上げ』と『職権乱用』は成立しない」(呉の弁護士)として控訴したのだ。二審でこれが通れば、4,5年は刑期を短くできるとの見通しもあった。

 二審の甘粛省高級法院は一審の判決を覆し、『銀行預金の違法な吸い上げ』と『職権乱用』を取り下げたが、この件が省紀律委に報告されると呉の案件を調査した担当者2人が、一審の判決を維持せよと口頭で二審に告げて来た。

 担当者の1人、崔銀剣は「紀律委がやるように判決を下せばいいのだ」と、高級法院の副院長に判決の書き換えを要求してきた。明らかに越権行為だが、崔は「正常なルート」と強調、取材した明報の記者を「常識を少しもわかっていない」と非難してきた。

 紀律委が司法に介入するのは当たり前という意味なのか。呉の弁護士は紀律委2人が介入してきた証拠をまとめ、上級機関の中央紀律検査委に通報したが、呉は楽観視していない。呉も20年ほど前に紀律検査部門に籍を置いていたからなのかもしれない。

==参考消息==
https://news.mingpao.com/pns/dailynews/web_tc/article/20171223/s00013/1513965691830
http://www.ccdi.gov.cn/special/zyxszt/dshiyilxs_zyxs/agls_xs11_zyxs/201704/t20170428_98338.html
http://www.ccdi.gov.cn/scdc/sggb/djcf/201607/t20160704_117597.html
http://gansu.gscn.com.cn/system/2017/01/09/011580695.shtml
ラベル:紀律検査委
posted by aquarelliste at 23:20| Comment(2) | 消息 | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

政治的に正しくない地図はご法度

 国家工商行政管理総局は、2017年第3回目となる広告法に違反した事例の発表を行った。

 事例は15挙げられているが、上海華與華營銷資訊有限公司が犯したという、(3)の事例が気になった。

 「雑誌の広告用に作られた中華人民共和国の地図の国境線が完璧、正確ではなく、国家の尊厳と利益を損ねた」ことが、広告法第9条に抵触したため、広告収入8.8万元と100万元の罰金を課せられたとある。

 広告法第9条1項には、「中華人民共和国の国旗、国家、国章、軍旗、軍歌、軍章を使用もしくは形を変えること」はしてはいけないとはあるものの、地図については記載がない。

 1項ではなく、4項の「国家の尊厳もしくは利益を損なった」が適用されたのだろうが、これだと何でもありな気がする。

 多分南シナ海の九段線を書き忘れていたとかそんなところだろうが、実物の問題点を見せないまま違反しましたと言われても納得いかないので、どこかに実物がないか探してみたらあった。

 記事によると、以下の原因が挙げられるという。

 インドと中国の係争地であるアクサイチン地区が中国領になっていない
 中国が認めていない、インドとの国境線・マクマホンラインで国境線が描かれている
 南海諸島、尖閣諸島などが無い
2018123001.jpg
政治的に正しくない地図

 国境線や九段線はともかく、このサイズの地図で尖閣諸島を描き込んでもわからない。因縁以外の何物でもないし、公式でも九段線を書き込み始めたのは最近だろという気もする。

 なお、100万元の罰金は、広告法では最高額となっている。今回は罰金で済んだが、判断によっては営業許可証の剥奪などもありうるので、「正しくない」地図を見せしめとして吊るしあげたのだろう。

2018123002.png
一帯一路公式から

 公式がどうやっているのか確認したところ、国境線は描かず、南シナ海や尖閣などは上手いこと隠していた。さすが公式である。

==参考消息==
http://www.npc.gov.cn/npc/cwhhy/12jcwh/2015-04/25/content_1934594.htm
http://www.saic.gov.cn/xw/yw/zj/201712/t20171221_271343.html
http://mini.eastday.com/a/171228194911989.html
posted by aquarelliste at 18:57| Comment(0) | 消息 | 更新情報をチェックする