2018年03月18日

めでたき降雪の日に国家主席再任

 習近平がどれだけ権力を集中しても、彼が皇帝になりたいとは考えてこなかったのだが、吉兆を自作自演するとなると話は変わってくる。

 全国人大で国家主席などが選出された17日、145日間降水のなかった北京市に雪が降った。

 中央テレビのアナウンサーは、人民大会堂の前で傘もささずに選出の模様を伝えていたが、本降りになり、ようやく傘をさすようになっている。

 法報晩報や千龍網など北京市のメディアは、「瑞雪報陽春」(めでたい雪が春を告げる)と、この雪を好意的に報じた。時宜を得た大雪はその年の豊作を約束すると信じられているからだ。

 中央テレビは、「瑞雪如約降臨京城」(約束したかのように、めでたい雪が北京の街に降った)との書き出しで、習近平の国家主席再選を報じた。

 ところが、約束ではなく予定された雪であったことが、北京市気象局の微博で判明している。

2018031801.png

 本日早朝、昌平区気象局は天気状況に基づき、延寿鎮大黒山において人工増雪作業を行った。
 延寿という地名を、長寿を祈願するものと取るか、目前に来ている寿命を延ばすと取るか難しいところだが、人工的に降雪を行なったという書き込みがよろしくなかったのか、程なく削除されている。

 北京市の北側に位置する昌平区で、何をやると街中に雪が降るのか理解できていないが、冬の間全く降っていなかった雪が3月になって降ったのだから、異常気象ではないかと騒いだ向きもあるようだ。

 北京市気象局は、1958年には4月21日に降雪した記録もあるし、おかしいことではないと説明している。おかしいのは当局者の頭だろう。

 なお、3月15日で終了する予定だった暖気が3月20日まで延長されている。暖気は、各地域ごとで提供されているセントラルヒーティングの公共サービスだ。地域にもよるが、11月ごろから翌年3月ごろまで稼働することになっており、期間の前後が一番寒い。

 20日の午後12時で終了となると、翌日の朝が最高に寒い気がするが、降らせっぱなしで終わっていないところは成長したというべきか。それとも、下々にも優しいアピールだろうか。

 雪だけでもひどいが、習近平が満票当選、王岐山が反対票1票、李克強が反対票2票という結果を聞くと、毛沢東は萬壽無疆(長寿をお祈りします)、林彪は身体健康(お身体を大切に)といった過去を思い出す。

 中央委員会で終身総書記に推挙されては断り、3度目に受ける習近平の姿も、あながち冗談では済まないかもしれない。

==参考消息==
http://beijing.qianlong.com/2018/0317/2463563.shtml
http://dzb.fawan.com/html/2018-03/17/content_22872.htm
http://www.chinanews.com/gn/2018/03-17/8470008.shtml
https://tw.appledaily.com/new/realtime/20180317/1316544/
http://www.bjnews.com.cn/news/2018/03/17/479405.html
http://bj.people.com.cn/n2/2018/0315/c82840-31345367.html
ラベル:習近平 二十大
posted by aquarelliste at 22:27| Comment(0) | 消息 | 更新情報をチェックする

花道も用意されない李源潮

 16日までに全国政協正副主席、国家主席、国家副主席、全国人大常務委正副委員長が決定した。

 栗戦書が全国人大常務委員長、汪洋が全国政協主席に当選し、唯一総理の座を脅かしそうだった王岐山が国家副主席に選出されて、李克強の総理留任は決定だ。というか、これを書いている時点で決まってしまった。

 あとは、副総理が韓正、劉鶴、孫春蘭、楊潔チ、胡春華の5人体制になり、国務委員が肖捷、苗華、王毅、趙克志となる公算が高い。

 明報がおかしな記事を書いていたので指摘しておきたい。

 15日に開催された第13期全国人大第1回会議主席団の第5回会議で、陳希・組織部長が国家の指導部選出方法について説明を行なっている。

 今回の指導部選出にあたり、「年齢や、職務変動などの原因で、継続して名前が挙がっていない」一部同志の業績を称え、「実際の行動で新旧交代にも貢献した」と感謝を述べ、「崇高な敬意」を表明した。

 この発言は中央テレビのアナウンサーが読み上げたものだが、この流れで李源潮が映し出されたと明報は報じている。それが本当なら嫌味もいいところ。しかし、現在確認できる公式の映像では李は出てこない。この時点でで既に嘘っぽい。

 第13期全国人大第1回会議主席団第5回会議に出席しているのは、主席団に選出された者だけだ。李源潮はこの主席団に選出されていない。劉雲山や劉延東、孟建柱といった引退が確定した人たちは選出されないのが、これまでの慣例だ。

 第13期全国人大第1回会議の開幕式には出席した李源潮だが、こちらには引退が決まった他の面々が同席しているのでおかしいことではない。セレモニーには出られるが、資格のないガチ会議には出られないということだろう。

 主席団が開催した5度の会議のいずれも出席していない李源潮を映しようがないので、この報道は何かの間違いと考えられる。同報道を転載した多維やアポロなどが使っている画像は、少なくとも第5回会議のものではない。

 新しい国家副主席が選出された16日の全体会議にも李源潮は見当たらなかった。全国人大代表からも漏れているので、主席団が座る主席台にいなければ不在だ。

 10年前に国家副主席だった曽慶紅は出席していたので、李源潮はいてもいいはずだ。前日に開催された15日の全国政協の閉幕式には普通に出席しているので、健康面の問題とも考えにくい。

 全国人大委員長の張徳江は出席していたので、新旧交代の握手会をさせるつもりはなかったのかもしれない。花道も用意されない、完全な裸退である。「崇高な敬意」を表わした相手の割には扱いがひどい。

 李源潮以外での人事だと、尤権が政協副主席に選出されていないことが気になった。

 王兆国、劉延東、杜青林、令計画と歴代の統戦部長は政協副主席を兼任していた。任期途中で失脚した令計画の後任となった孫春蘭は、政協副主席を兼任しないまま統戦部長を尤権と交代したが、尤権も政協副主席を兼任しないとはどういうことなのだろうか。

 蔡奇の統一戦線部長への左遷が噂されているが、そうなると尤権の逃げ場がなくなってしまうので、この件は一旦収まったと見ていいのだろうか。

==参考消息==
https://news.mingpao.com/pns/dailynews/web_tc/article/20180316/s00013/1521137459376
http://tv.cctv.com/2018/03/15/VIDEZHbfLv4I8QGLl1SRVULI180315.shtml
http://tv.cctv.com/2018/03/05/VIDE6rDcKZeMwbHPB1cr2q3n180305.shtml
http://www.sohu.com/a/224822150_118392
周到な中央指導部人選(2017年10月29日)
第19期中央委員名簿を見た感想(2017年10月24日)
時代に翻弄された王兆国さん(2013年06月17日)
ラベル:李源潮
posted by aquarelliste at 19:51| Comment(0) | 消息 | 更新情報をチェックする

2018年03月09日

中国語の下手な記者を笑い者にする外相とメディア

 世界各国から記者が集まる両会。党大会直後の今回は国務院や全国人大など政府人事が一気に入れ替わるが、今回は国家主席の任期撤廃をはじめとした憲法改正、国務院の省庁再編など話題が盛り沢山だ。

 最終日に国務院総理が長時間に渡って記者との問答を行うのが恒例となっている。外交部長も外交政策について記者会見を設ける。その記者会見が8日に開催された。

 今年は共同通信の記者が中国語で質問したのだが、王毅外交部長は、質問に答える前にまず「希望你繼續努力地學好中文」(努力を続けてしっかりと中国語を勉強してほしい)と話した。

 これが列席している記者たちの笑いを誘った。王毅はすぐに身振りでこれを制し、質問である日中関係について回答を始めている。あのいなし方から、笑っているのは中国人記者がほとんどなのだろう。

2018030901.png

 王毅の言う通り、記者は中国語をもうちょっと勉強した方がいいレベルだが、メディアが率先して「会場は王毅の一言で爆笑の渦に」と見出しに持って来る必要はないと思う。そもそも大臣が言うことでもないし、文字に起こされると王毅の表情など場の空気は一切描写されないから、バカにした感じだけが残る。

 昨年は李克強が中国語ネタでいくつか笑いを誘っていた。

 あいさつだけ中国語で、質問は英語でしようとしたブルームバーグの記者に、「中国語で続けて」「十分時間を取るから」とおどけている。

 中国語で質問をやりきった日経新聞の記者には、どこで中国語を勉強したのかと逆に質問し、台湾にいたからなまりがあるかもと答えた記者に、「上手い」と褒めていたりもする。

 王毅は1月に開催された日中外相会談で、「翻訳の間違い」をたびたび通訳に指摘していたと、河野外相が紹介している。

 今回の記者会見で、他の非ネイティブの中国語については何も言っていないので、他人の下手くそな外国語にを指摘しないと気が済まない性格だとは考えづらい。相手を見てやっているだけのような気がする。

 李克強と王毅の格の違い、というだけならいいのだけど、日本を下げて笑いを取りに行っても問題ない空気が生まれつつあるとしたらさすが大国だというほかない。

==参考消息==
http://www.xinhuanet.com/world/2018-03/08/c_137024098.htm
http://v.ifeng.com/video_12343315.shtml
http://www.bjnews.com.cn/video/2018/03/08/478223.html
http://www.guancha.cn/politics/2017_03_15_398887_s.shtml
https://v.qq.com/x/cover/07x0j0k2voljkks/t0026q2nm2g.html
http://video.sina.cn/news/i/2017-03-15/detail-ifychhus1407832.d.html?pos=3&vt=4
http://news.sina.com.cn/c/nd/2018-03-08/doc-ifyrifer6384768.shtml
https://www.youtube.com/watch?v=oBTcWgyV7GI
ラベル:王毅
posted by aquarelliste at 07:40| Comment(0) | 消息 | 更新情報をチェックする