2017年05月29日

愛国者よりひどい党のメディア

 メリーランド大学に留学していた中国人学生のスピーチが中国で批判を受け、謝罪に追い込まれました。

 まずはスピーチの内容です。Shuting Yang(楊舒平)のスピーチ全体を訳してみます。

 同級生、父兄、並びに友人の皆さん、こんにちは。

 ここに立ち、メリーランド大学2017年度の卒業式でスピーチできることは、非常に光栄でありまた感激しております。

メリーランド大学に来た理由をこれまでずっと尋ねられて来ました。私の答えはいつもこうでした。「新鮮な空気」。

 5年前、私は中国からの飛行機から降り立ち、ダラス空港を後にしました。5枚のマスクから1枚を選び付けようとしていました。しかし、初めてアメリカの空気を吸った時、私はマスクを外しました。

 空気は本当に新鮮で、甘く、贅沢にも似たものでした。これには驚かされました。

 中国の都市で育った私は、外出時必ずマスクをかけていました。でなければ病気になっていたでしょう。

 でも、空港を出て呼吸をした時、私は自由を感じました。もう、メガネにモヤが張り付くこともありません。呼吸が苦しくなることもありません。圧迫感を感じることも。呼吸が愉快で幸せなことになりました。

 今日ここに立ち、私は自由の感情を思い出さずにはいられません。

 メリーランド大学では、また別種の新鮮な空気を味わえました。この体験は永遠に愉快なものにさせてくれるでしょう。それは言論の自由という新鮮な空気です。

 アメリカに来る前、私は歴史の授業で独立宣言を学びました。しかし独立宣言という単語には、何の意味も持ちませんでした。人生、自由、幸福への追求です。私はいい点数を取るため、単にこの単語を覚えたに過ぎなかったのです。

 この単語を聞いた時、奇妙な感覚を覚えました。とても抽象的で、なじみのないものだったからです。メリーランド大学在学中、自由に自分の権利を表現することを学びました。この権力こそが、アメリカでは神聖なものでした。

 メリーランドでは毎日、異議のある問題に対して自分の意見を表明してきました。自分の指導員に挑んだこともあります。教授への評価をネットに書き込んだこともあります。

 しかし、私が経験してきたカルチャーショックについては、心の準備はできていませんでした。大学が主催した劇を鑑賞した時のこと。アンナ・ディーバー・スミスが1992年のロス暴動を題材に書かれた「トワイライト・ロサンゼルス」です。

 この暴動はロドニー・キングを暴行した4人の警官が無罪で釈放されたことによるものです。6日間、ロス市民が通りに押し寄せ、都市全体が大混乱に陥りました。

 明け方、演者の学生たちは民族差別、性差別、政治問題について公開討論を行ったのです。ショックを受けました。

 そんなことは目にしたこともなければ、公の場でこうした話題が討論ができるとも知りませんでした。政治的なテーマを扱った劇を初めて鑑賞した感想です。観衆に批判的な思考をもたらしました。

 こうしたテーマを話したいと熱望していました。一方で、それは権威にのみ許される資格であり、真相を定義するのは政府であるとも固く信じていました。

 しかし、メリーランド大学の多様性によって、私は様々な事象に触れることができました。ここには言いたいことを言う機会があることに気がつきました。

 私の声はとても重要です。あなたの声もとても重要です。私たちの声はとても重要です。

 市民活動は政治家だけの仕事ではありません。ワシントンのデモに同級生が参加しているのを目の当たりにした私は、デモの真の意義に気づきました。

 大統領選挙のため、多用な事柄を支持するため資金調達をおこなう。みんなが変化に参加し、支持する権利を持っていることがわかりました。

 以前の私は、1人の参加や努力では成果を上げることはできないと考えていました。

 しかし、今の私は、メリーランド大学の人たちと共にあります。手を携え、社会をさらにオープンに、平和的に変えられるはずです。

 2017年度の同級生の皆さん。私たちは批判的な考え方を育て与えてくれた大学を卒業します。我々の大学は、人文科学に特に力を入れています。我々は多様な学科の知識を備えており、来たる社会の挑戦に準備は出てきています。

 大学院に戻る人も、会社勤めをする人も、さらに探索の旅をする人もいることでしょう。しかし何をするにしても、しっかりと覚えておきたいのは、民主と言論の自由はあって当然と考えてはなりません。民主と自由は新鮮な空気。勝ち取るに値するものなのです。

 自由は酸素。自由は情熱。自由は愛です。

 フランスの哲学者、ジャン=ポール・サルトルがまさに述べたように、自由は一種の選択であり、私たちの未来は今日、明日の選択によって決定づけられると。私たちは皆、人生に次の一章を書き記す劇作家です。私たちは共に人類の歴史を書き記しましょう。友人の皆さん、新鮮な空気を楽しみ、決して手離さないでください。ありがとう。
 このスピーチを受けて、発狂した中国人学生の様子が環球時報によって紹介されています。

 
「祖国を中傷する形で注意をひくやり方は断固容認できない。この手の全く根拠のない攻撃的な発言を、卒業式でさせたことには思慮が足りておらず、別の意図があるのではとの疑いも持ってしまう」(同大前中国人学生会会長)
 
「現場にいた中国人学生は首を傾げていた。現在の中国の状況はそこまでひどくないからだ。卒業式で学生代表として個人的な考えを述べるのは最も無責任な方法だろう」(卒業式に出席した学生)
 名指しされた昆明市も「我が市は全日が大気優良日です」と呑気な内容を微博で発表。また、新華社英語版も4年間昆明に住んでいたという微博ユーザーの「空気も綺麗で暖かかった」とのコメントを紹介。新鮮な空気の含意するところを思い切り避けています。楊舒平はそういう話はしてないと思うんですが。

 それより、党に近いメディアが、愛国者さまをはるかに上回る勢いで、彼女を責めるのに参加しているのはどういうことなのか。

2017052901.png
※コメントは書き込めないようになっています

 楊舒平は謝罪しました。謝罪の内容はいつも通り、「私は愛国者」です。事細かに訳出する必要もないでしょう。彼女は人身攻撃を受けていると明らかにしています。

 削除されてしまっていますが、これは人民日報海外版が率先してやっていたようです。「他国の空気は甘いなどという人は、スパイになるかもしれない」などと批判をしていたようです。名指しこそしていませんが、楊舒平を名指ししているも同然ですね。

 楊舒平は「イデオロギーの異なる者」として紹介されており、彼らは「他国の情報部門に利用される」と酷い扱いをされています。統一戦線部が昨年立ち上げた新部局のオルグ対象でもある留学生ですが、警戒するのもわからんでもありません。

 これだけ叩かれた後に「祖国を心の底から熱愛し、祖国のために貢献するならば中国政府は奨励し、歓迎する」(外交部報道官)と言われてもねえ。

 救いかなと思うのは、「楊舒平を集団で暴行する輩が『汚れた空気』を作り出しているのだ」と、「キーボード愛国者」を揶揄する文章が捜狐で見られたことでしょうか。


==参考消息==
https://www.youtube.com/watch?v=A3t4eXq2aT4
http://news.sina.com.cn/c/nd/2017-05-22/doc-ifyfkqks4445448.shtml
http://news.sina.com.cn/c/nd/2017-05-22/doc-ifyfkqiv6655397.shtml
http://www.bbc.com/zhongwen/simp/press-review-40036283
http://news.xinhuanet.com/english/2017-05/25/c_136315246.htm
https://www.voachinese.com/a/china-us-20170523/3867532.html
http://cn.rfi.fr/中国/20170523-杨舒平“辱华”风波-墙内墙外看法不同
http://www.weibo.com/2058648634/F4jcC6rtC?from=page_1005052058648634_profile&wvr=6&mod=weibotime&type=comment
http://www.fmprc.gov.cn/web/wjdt_674879/fyrbt_674889/t1464839.shtml
http://www.sohu.com/a/142796256_665455?_f=index,societynews_2
posted by aquarelliste at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 消息 | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

江沢民は今日も生きる

 葬式、墓、頭髪の3大コンテンツを軸にお送りしている当ブログなので、死亡説がまたぞろ流れ始めた江沢民さんの最新情報を。

 ウランフの長男で、現・内モンゴル自治区主席(省の省長に相当)の布小林の父である布赫が亡くなりました。親子三代にわたって内モンゴル自治区主席を務める、紅二代と自称する二世、三世に相当する存在がいる中国でも珍しい地方諸侯一家です。

 省規模の地方自治体を中国に編入させた功績はあるとは言え、他の地域で親子三代にわたって居座るケースは見当たらないので、色々特殊なんでしょう。

2017051302.png
※いつもの花輪

布赫の葬式は、習近平ら常務委員と胡錦濤らが参列と伝えられ、欠席した江沢民がお花という最近お定まり担っている様式となりました。

 葬式記事では「某同志が重病期間中と逝去後、習近平(中略)ら同志は病院に赴いてお見舞いをする、もしくは各種の形式で某同志の逝去に対し沈痛にに哀悼を表し、遺族を深くいたわった」と書き添えられます。

 江沢民は病院には行けないので、葬式と同様に花輪を送ったり、代理人を立てて病院や自宅に行かせたりしているのでしょう。ともかく、江沢民は少なくとも10日までは生きていたことが証明された格好です。

2017051303.png
※江沢民と結構古い付き合いだとか

 また、葬式前日の10日には、上海市実験学校の創立30周年を祝して開催されたイベントで、同校の校長が「江沢民おじいさまから祝電をいただきました」と嬉しそうに発表。おじいさまは同校に揮毫されてるんですね。

 校長によると、江沢民は91歳と高齢であり行けないとのこと。祝電とあるから電報か何かと思い込んでいたのですが、電話をかけてきたとあります。書面より確実に死んでないことを証明できたわけです。

 死んでないのが確認されたのは良かったのですが、老いをこれだけ強調されたのは江沢民史上初めてかもしれません。おじいちゃんはともかく、年齢を出されて高齢なので今日は寄れませんと紹介されているんですからね。

 危篤説、あるいは死亡説が流れてから4日目の6日には、上海市委書記時代の部下の葬式に花を送っています。この時点で、危機は脱していたことになります。立て続けに生存をアピールし、これはもう蘇ったと見ていいでしょう。

2017051304.png
※そこまで薄情な息子でもないかと

 間接的な生存報告としては、江沢民の息子で上海科技大学の校長を務める江綿恒が、5日に米国を視察しているところでしょうか。父親が卒中で死にかけていれば流石に上海に留まるでしょう。後述する2012年の江沢民死亡の誤報が出た時も、江綿恒は国内で視察を行い父親の死亡説を払拭しています。

 さて、春を迎え江沢民が活動期に入ったわけですが、今年の開幕はいつもと異なりました。

 4月末ごろから出回っていたそうですが、江沢民が元気はつらつに二胡をセッションする動画がネットで見られるようになりました。

 その後、この動画は直近に撮影されたものではなく、2015年のものだったと訂正が入り、動画が出回るより以前の4月17日に脳卒中を発症し病院に担ぎ込まれたものの、下半身不随となったと報じられます。江沢民危篤説を打ち消すための動画だったと見られます。

 脳卒中を発症した江沢民が担ぎ込まれたとされているのが、上海にある華東医院。北京の解放軍三〇一医院が中国指導部御用達なら、華東医院は上海と周辺自治体の指導部と上海周辺で隠遁生活を送る大物党員の御用達病院。

 引退後も健康診断は同医院が行い、担ぎ込まれるのもここなら、見込みのない大物党員がそのまま入院するのも同医院。毎年旧正月直前になると新年の挨拶を申し上げるべく、上海指導部が押し寄せるのも同医院なんだそうです。

 江沢民危篤説、あるいは死亡説が流れた5月上旬、同医院とその周辺は厳戒態勢だと伝えられていましたが、結局江沢民は死にませんでした。電話が本当なら、少なくとも電話で話せる程度には回復しています。

 2012年に産経新聞や中国の一部メディアが危篤情報から死亡記事を出し、誤報として処分を受けたのは記憶に新しいところです。

 今回産経の釈明を改めて読み返すと、北京にある解放軍三〇一医院に江沢民が入院し、「死亡した江沢民」の遺体は同医院にあるものと推測していたことが確認されました。そもそも確認すべき場所が違っていたのでは。

 江沢民は党大会などのイベントでごくたまに北京に出向く以外は、自宅のある江蘇省揚州市にいるでしょう。2015年に喬石、万里と超大物が立て続けに亡くなった時は「遠方から花を送って」いました。北京滞在中を除けば、重病となればわざわざ北京まで担ぎ込まれるとは考えにくいのです。医師が大挙して華東医院に入っていったともあります。そちらの方がいいでしょう。

 「江沢民は二度死ぬ」、「江沢民は滅びぬ、何度でも蘇るさ。それが人々のゆm(ry」などのフレーズを今回のタイトルにしようとも思いましたが、色々と敵に回すと面倒臭いので自重。

 最後に、同じ上海組で江沢民在任時に外交部長、外交担当の副総理を歴任した銭其琛死去について。

2017051301.png
※中身は北京で死亡

 銭其琛は10日に訃報記事が出ましたが、色々ググった結果、当初は上海華山医院で死去と報じられていました。その後、死亡したのは北京と死んだ地点が差し代わる怪事件が起きています。

 銭外交部長時代、外交部に新設された記者会見。当時報道局長を務めていた李肇星(元外交部長)が当時を振り返る記事でも、一週間前に北京の病院に入院する銭を見舞ったという件があります。

 数年前から寝たきりだったようですが、上海華山医院で死去とは一体なんだったのでしょうか。

==参考消息== 
http://tv.cctv.com/2017/05/11/VIDEmmjN1nviLZ42NnfzoQPt170511.shtml
http://mp.weixin.qq.com/s/RP1vajpBIdluWefg0FHszw
http://www.shanghaitech.edu.cn/news/20170505/871.html
http://china.dwnews.com/news/2017-05-11/59814601.html
https://news.mingpao.com/pns/dailynews/web_tc/article/20170511/s00013/1494440372799
http://archive.gohoo.org/false_reports/011/
http://www.bjnews.com.cn/news/2017/05/11/442929_2.html
ラベル:葬式 江沢民
posted by aquarelliste at 00:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 消息 | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

胡耀邦夫人の葬儀

 1980年代に総書記を務めた胡耀邦の妻・李昭が、去る3月11日に亡くなりました。

 共産党員としては目立ったキャリアはない李昭でしたが、北京市のメディアである新京報が17日に告別式を挙行予定と報じ、これは両会閉幕に合わせて日程調整があったのだと考えました。もちろん習近平たちが出席できるようにです。

 残念なことに葬式記事はいつまで経っても出て来ず、葬儀をすっ飛ばして李昭は江西省共青城市にある夫の墓に埋葬されていたのです。

 新華社、人民日報の報道無かったよなと自分を落ち着かせながら胡耀邦公式サイトを確認すると、葬儀はしっかり17日に挙行されていました。

 告別式には習近平をはじめとする現役常務委員、政治局委員、胡錦濤ら引退した大物党員が参列、姿を見せなかった江沢民らが花を贈ったことが書かれています。常務委員クラスが参列しているので、李昭の葬儀は副国級クラスと推測されます。

 胡耀邦の総書記時代に中央弁公庁主任として仕え、亡くなってからも追悼文で尊敬の念を隠さない胡啓立が、見舞いや弔問に足を運んだとあります。末期に弁公庁主任を務め、告別式に一番乗りしたという温家宝も合わせて、2人の動きが際立っています。通常の葬式記事ではこういうスタンドプレーはあっても出て来ません。

 習近平の母親・斉心も参列しています。斉心が花輪を出した故人はいずれも習仲勲に近い人たちだったのですが、今回は珍しく姿を表したようですね。

 胡耀邦との仲は悪くはなかったのですが、どうも斉心の名前がが出てくると素直に受け取ることができません。肩書きは習仲勲夫人であっても、結局は現役総書記の母であるからです。

 今回は習仲勲以外の夫人も参列しています。李先念、楊成武、秦基偉の妻が存命で、参列したようですが、この順番で序列がついてしまっています。習と李なら李の方が上のような気もしますが、20年前とは違うということなんでしょう。

 常務委員の姿を捉えた写真は胡耀邦公式にもなく、花輪のみの写真という処置です。花輪を送って参列はしないケースもあり、花輪は葬儀参列の証拠にはならないものの、胡耀邦公式が出席したと主張するんだからまあ間違いはないでしょう。

 当日の常務委員たちの動向を確認すると、サウジアラビア国王との会見に16日に習近平、17日に李克強、張徳江が出席。習近平は17日にルアンダ大統領と会見、各国新任大使との面会、李克強が国務院常務会議の開催となっています。

 各国大使との握手会に入る人民大会堂の映像から、午後3時ごろぽいと確認できる以外はいつ頃の同行なのか確定はできないのですが、記事のタイムスタンプが午後の7時以降なので、恐らくは午後からのイベントと推測されます。

 李昭の告別式は午前9時からで、20分後の9時20分ごろに「軍VA01」のナンバーを付けた車両が去ったそうです。軍VA0で始まるナンバーは、党と国家指導者の警備に当たる北京衛戍区の車両なのでまず間違い無いでしょうね。滞在時間はかなり短かったのは、後のイベントがぎっしりだったからでしょう。

 にしても、常務委員が全員集合状態のビッグイベントなのに、報道されないというのは不思議です。逝去の一報も削除攻勢に遭っていたりで、格式にそぐわない印象は否めません。

==参考消息==
http://www.hybsl.cn/bwtegao/2017-03-18/64914.html
http://www.hybsl.cn/bwtegao/2017-03-16/64895.html
http://cpc.people.com.cn/n1/2017/0321/c87393-29159452.html
http://news.ifeng.com/a/20170318/50795444_0.shtml
http://news.xinhuanet.com/politics/2017-03/16/c_1120641501.htm
http://news.xinhuanet.com/politics/2017-03/17/c_1120649652.htm
http://news.xinhuanet.com/politics/2017-03/17/c_1120647986.htm
http://news.xinhuanet.com/politics/2017-03/17/c_1120649037.htm
http://news.xinhuanet.com/politics/2017-03/17/c_1120649499.htm
http://news.xinhuanet.com/politics/2017-03/17/c_1120649639.htm
http://news.xinhuanet.com/politics/2017-03/17/c_1120649652.htm
https://news.mingpao.com/pns/dailynews/web_tc/article/20170318/s00013/1489773352752
https://news.mingpao.com/ins/instantnews/web_tc/article/20170317/s00004/1489745042946
ラベル:胡耀邦 葬儀
posted by aquarelliste at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 消息 | 更新情報をチェックする